SNS時代の先進的なマーケティング手法

SNS時代の先進的なマーケティング手法

女性起業支援「わたしと起業 com」事務局長の宮坂修史です。

■■本日の講義

米国にジェフ・ウォーカーという有名なネットマーケッターがいます。

たったひとりで「300億」を売った男です。

実は、彼は起業する前の2年間、

「あること」をしていました。

それは・・・・

メルマガの発行です。

ジェフは、ブログに記事を書いて、

「subscription=定期購読」という形で

メルマガ読者を集めました。

最初は商品は持っていなかったのですが、

読者から意見を聞きながら、読者が欲しい商品を開発し、

そして2年後に販売を開始したのです。

即日「完売」です。

売れない訳がない!!

だって、欲しい人の為に、

欲しい商品を作ったのですから・・・・

伝説となったマーケティング手法ですが、

この話には2つのポイントがあります。

(1)マーケット・イン

   古典的な販売活動は、

   「提供者の発想」で商品を開発します。

   これを「プロダクトアウト」と言います。

   いわゆる・・・

   「良い商品を作れば売れる」

   と言われた時代の販売手法です。

   しかし・・・

   商品があふれ、情報が氾濫して、

   個人の選択肢が増えたこの時代、

   メーカーや製造側の思惑では簡単に売れません。

   逆に、ユーザーや顧客の立場を起点として

   商品やサービスを開発することを

   「マーケット・イン」と言います。

   ジェフは、

   メルマガ読者が欲しているものを

   商品化したのです。

(2)リレーション(つながり、関係性)

   もうひとつ、大きなポイントがあります。

   先に「見込み客を集めていた」ということです。

   そうです!

   商品開発よりも先に「マーケティング」を行っていたのです。

   しかも2年間もリレーション=つながり、関係性を維持していたのです。

   売る前に、お客を抱えていたのです!

今、私達が起業を考える上では

非常に参考になる話です。

「わたしと起業 com」 の皆さんは、

起業を志していますよね~

でも、「商品が作れない」とか

「何から始めて良いか分からない」

という人が大半だと思います。

でも、起業する前の段階から、

見込み客を集めても良いのですよ!

別に「集客」にルールや掟がある訳ではありません。

最初に「見込み客」を集めても、全く構わないのです。

それから、重要なことを「もうひとつ」お伝えします。

今はソーシャルネットサービス(SNS)の時代です

「facebook」

「twitter」

「ブログ」

「ユーチューブ(youtube」

個人が繋がる時代です。

マスメディアを使わなくても、

見込み客と繋がることができる時代なのです。

ですから、

いいですか!

重要なことですから、良く聞いて下さい!

起業する前の段階から、マーケティングは可能なのです。

facebookやブログで沢山の

「お友達」「いいね仲間」を作っておけば、

その人達が潜在的なお客さんになるから、

商品は後から探しても良いのです。

それから、もうひとつ!

ネットのマーケティングは全部「自分」でできます。

facebookは「本名(個人)」で活動します。

ブログも個人で運営します。

今、ホームページも

CMS(Content Management System)を使えば

個人で簡単に作れます。

広告宣伝も個人で可能です。

Googleにも広告が出せます。

Yahooにもfacebookにも、簡単に広告が出せます。

「3つのこと」を動画に纏めました

正直、今日の動画は絶対に見て下さい!

文章では伝えられない「パラダイム・シフト」が起こります。

(1)ジェフ・ウォーカーの伝説のマーケティング

(2)ソーシャルネットサービス(SNS)時代

(3)セルフプロデュース

   (9分54秒)

   (忙しい人は、スマホから視聴して下さい)

■■ 編集後記

う~ん、

ちょっと迷ってます。

「わたしと起業 com」の参加者の「層」が絞れないのです。

様々な人が居るのです。

 「凄くやる気」の人も居れば、

 「な~んちゃって起業」の人も居るし、

 「物販」をやりたい人も居るし、

 「お店を持ちたい」人もいるし、

 「ネットショップをやりたい」人も居る。

色々と「共通の事柄」って無いかな~と考えて、

やっと「これだ!」

と言うのが見つかりました。

それが「ネット・マーケティング」です。

リアル店舗を持つ人も、

製造して流通させる人も、

学習塾やエステや美容院、産直、インテリアを販売する人も、

とにかく、モノやサービスや形式がどうであっても、

今の時代「ホームページ」は最低限準備することになります。

そして、ネットで集客して

「周知」「問い合わせ」「直販」は

当然視野に入れる訳なのです。

と言うことは・・・・

僕の得意分野「ネット・マーケティング」の知識は

一般教養課程として「必須科目」な訳です。

まあ、もう少し推敲するとして

当面、このニュースレターのコンセプトを

次の3点にしていこうと思う。

(1)ソーシャルネット時代のマーケティング
   (SNSマーケティング)

(2)モノを売る時代から「人」を売る時代に・・
   (プライベート・ブランディング)

(3)自分でメディアを持つ時代に・・
   (セルフ・プロデュース)

勿論、起業に必要な要件は伝えるけれど、

それは他のメディアや書籍でも吸収可能な事柄なので

むしろ、このニュースレター、僕の経験を伝える方が

長期的には有効だと思えるのです。