ビジネス・プロセスとfacebook(その4)

ビジネス・プロセスとfacebook(その4)

事務局長の宮坂です。

ビジネスのプロセスは、

次の様になります。

(1)強みの確認(商品)
    ↓
(2)ターゲット(対象)
    ↓ 
(3)チャネル(流通)
    ↓
(4)セールス(販売)
    ↓
(5)クロージング(契約)

勿論、その他に色々な要素はありますが、

基本的な流れが「この5点」です。

それで・・・・

一番「上」にあるものはなんでしょうか?

そうです。

強みです。

これを「USP(Unique Selling Proposition)」と言います。

(バリュー・プロポジション(Value Proposition)とも言います)

まあ、呼び方はどうでも良くって・・・・

「自社(自製品)のみが持つ独特の強み」のことです。

お客様から見た時の「買う理由」です。
    ↑
ここが大切!

「お客様から見た時の価値」

このUSPは「強み・特徴・独自の価値」です。

しかし!

価値観は同じではありません。

ある人に取っては、

「凄い!これ、これが欲しかったのだ」

と思う商品も、

他の人に取っては

「うぇ、趣味悪い~、キモ」

ってこともあります。

でも、それで良いのです。

万人に受け入れられるサービスはありませんから・・・

むしろ、「特定の人」だけが

価値を認めてくれた方が良いのです。

特定の人だけが買ってくれる商品やサービスを作る方が

ビジネスとして成功します。

でも、これが難しいのですよ。

僕は、何度も、何度も失敗しています。

元々がインターネットプロバイダー出身なので、

ネットビジネスを全体的に考える傾向にある。

その為「SEOの知識も必要だ」とか、

「リスティング広告も覚えなければ・・・」とか

「ホームページ制作も理解しておくべき」とか

「ネット通販」も、「コミュニティ運営」も・・・

とにかく色々なことに「手を出した」のです。

その結果どうなったのか・・・?

「ネットに詳しいけれど、専門性が薄い」

ってことになり、

お客さんが付かなかったのです。

だから、ビジネスの分野を絞ったのです。

徹底的に絞って、

狭い分野を狙ったのです。

その結果・・・

「ネット動画」に行き着きました。

狭い分野ですが、専門性があれば闘えます。

皆さん!

狭くて良いのです。

ニッチで良いのですよ!

特定の分野、狭い範囲で良いから、

「専門的」な知識を身に付けて下さい。

それが、あなたの「USP」になります。

強みです!

選ばれる理由です!

万人に受け入れられるサービスはありません。

「特定の人」だけにメッセージを発信して下さい。

それが、あなたのブランディングになります。

■■本日の講義

シリーズで「facebookでブランディングする方法」を

お伝えしています。

目的は

「facebookというソーシャル「メディア」を使って、

 ビジネスの「種」を育てたり、

 マーケティングの活動をしたり、

 自分の価値を高めたりすること」

簡単に言うと「メディア活動」です。

ですから、積極的に「お友達」との接点を増やし、

コミュニティを形成することをお薦めします。

まずは「500人」とつながりましょうよ!

(でも、私の考えが全てではありません。

 色々な価値観があると思うので、

 facebookの使い方はご自身の判断に委ねます)

僕は、多くの人と繋がることが、

ビジネスの機会を増やすことになるし、

自分をブランディングする手段だと考えています。

ですから、500人でも1000人でも

多くの人と繋がることが大切だと思ってます。

さて、本日は

「facebookで自分自身をブランディングする方法」(その4)

   (8分50秒)

ブランディングする上でのポイントは次の3項目です。

(1)写真
   個人を提供サービス(商品等)の写真

(2)タイムライン
   ・自己開示
    -キャリア(出身学校・居住地域)
   ・専門性(職歴・経歴)

(3)基本データー
   ・連句先(電話番号など)
   ・ホームページのURL

 =>http://youtu.be/-pvKxgs44oQ
   (8分50秒)

ブランディングを意識して

自分のfacebookを作り込んで下さい。