コンサルタントで起業「仕事って何?(業務内容)」

コンサルタントで起業「仕事って何?(業務内容)」

事務局長の宮坂です。

シリーズで「コンサルタントで起業する方法」を

お伝えしています。

今日は第3回目です。

「コンサルタントの仕事って何?(業務内容)」

 12分32秒

コンサルタントの仕事は形がありません。

ですから、メニューやプログラムを提示して、

「見える化」を図る必要があります。

まあ、それがカタログだったり、

提案書だったり、

ホームページだったりする訳です。

最も大切な訴求ポイントは、

「問題解決の提示」です。

そうです、

「効果・効用」を提示する必要があります。

簡単に言うと・・・

「~することで、~になる」

この「問題解決能力」が

提示されていないと依頼はありませんよ(^o^;)

そして、

「なぜ私があなたの問題を解決することが出来るのか?」

ということを立証する必要があります。

それが、経験であり、キャリアであり、実績なのです。

これも非常に大切です。

あなたの「強み」=USPを提示します。

そして、次はプログラムの説明に入ります。

問題解決する為の「期間」「方法」など

具体的なトレーニングメニューを示します。

最後は「価格」です。

透明性が求められますので

しっかりと価格を明記する必要があります。

「コンサルタントの仕事って何?(業務)」
 =>http://youtu.be/4CPNsNPTGbQ
  (12分32秒)

■■ 編集後記

やば!

また、僕の友人が逮捕されそうだ・・・・

先週「インデックスに粉飾決算疑惑」のニュースが流れた。

インデックスは携帯コンテンツ最大手

最盛期には時価総額4000億になったこともある。

フランスのプロサッカーチームを所有したこともあるし、

日活やタカラを子会社にしていたこともある。

創業メンバーは、

落合正美(会長)、小川善美(社長)、渡辺和俊(元専務)

この3名は、日商岩井の出身で

ニフティの親会社(株主)の主管部門だったのです。

もう、20年以付き合いがある。

一緒にゴルフをしたり、お酒を飲んだり・・・

アメリカ同時多発テロの日も、

落合さんと渡辺さんと一緒に飲んでいた。

その後、しばらくは会っていなかったけど、

昨年、久し振りにインデックスを訪問したら、

「時価総額が100分の1になって、

 4000億が40億に減っちゃったよ・・・」

なんて、話をしていた。

だから、色々と大変だろうとは思っていましたが・・・

なんで、こんなことになったのか?

環境変化に対応出来なかったのでしょうね~

グリーやディエヌエーみたいに、

携帯コミュニティ・携帯ゲームに

事業領域を移せなかった。

スマートフォンにも乗り遅れた・・・

でもね~

難しいだよな・・・

成功体験が邪魔をするし、

大きくなった組織は、簡単には動かない・・・

外側からは、簡単に色々と言えるけど

実際内側で経営すると難しいですよね~

まあ、無事であること祈ってます。

(うん?

 「また、僕の友人が逮捕されそうだ・・・・」

 の「また」はなに?

 「また」ってことは、

 他にも逮捕された友人がいるの?

 誰よ?

 ・・・・

 ・・・・

 村上世彰